相続税の計算を税理士に任せるメリット

相続税の計算は簡単に言っても難しいです。
というのも、相続税ではまず相続財産の正味の価値を計算しなければなりません。
換金性の高い現金等であればよいですが、不動産やさらにその上の権利(例えば借地権など)では、さらに相続財産の正味の価値を計算するのは非常に厄介になります。
また、それが終わっても税金を決めるために様々な控除が存在します。
例えば、一番有名なものでは基礎控除があります。
これは3000万円+600万円×相続人数です。
また、さらにそこから分離してみなし財産の控除も考えないといけません。
みなし財産とは生命保険料や死亡退職金などをいい、こちらは500万円×相続人数が控除されます。
また、相続人が未成年者である場合や障碍者である場合などにも通常の税額ではなく、あるていど軽減された税額になります。
こうしたことを一つ一つ例えば、相続についてまとめられた本を片手に素人が調べていたのでは時間がいくらあっても足りません。
相続税の申告期限などあっという間に過ぎてしまいます。
また、間に合ったとしてももっと税金を安くできたかもしれませんし、もしかしたら過少申告になっていて、あとで追徴課税されるかもしれません。
また、死亡後の手続きは相続だけではないため、そちらも並行してする必要があります。
このように素人では時間とお金の無駄になりかねないという事を分かっておく必要があります。
少し法律をかじった程度では細かいところまで検討する税務署を相手にはできないのです。
こういったことは専門家に最初から任せることでその時間と手間を他の死亡後の手続き等に使うことでスムーズに煩雑な手続きを行うことができます。
死亡に関する手続きを簡略化できるというのはそれだけでメリットになります。