相続税の減額対策として行う事が出来る方法

相続税は相続開始から10か月以内に申告する事になっており、それを過ぎてしまうと延滞税が掛かってしまいます。
ただ相続税自体は減額対策を行う事によって、何もしない時に比べると安い金額で済む場合も有ります。
その一つが遺言を残しておくという事です。
そもそも遺言と言うのは故人が亡くなった後に無用なトラブルを起こさずに遺産の分配を行う為に必要なものとなっています。
そこでどの遺産を誰が受け継ぐのか、と言う事を明らかにする事によって遺族側が節税対策を行いやすくなるのです。
また生前贈与も減額対策の一つです。
この場合、1年間に110万円までの贈与であれば非課税となっているため、毎年それだけの分を被相続人に贈与し続ければ、実際に遺産相続となった場合の相続税を減らす事が出来ます。
ただ110万円を超えてしまうと今度は贈与税がかかってしまいます。
また生前贈与の場合、被相続人は一人ではなく複数人にする事もできます。
人数を増やせば増やす程、節税できる金額も大きくなる仕組みです。
場合によっては相続した物の半分近くを税金として払わなければいけなくなってしまう場合も有りますが、減額対策を法律に合わせて行う事によって税務署に支払う額を減らす事もできます。
遺言書や生前贈与以外にも生命保険や小規模宅地もその対象となる為、合法でなおかつ納める税金を減らしたいと思った場合は、予め支払うべき税金が減額されるように工夫する事になります。