相続税と贈与税の2つの違いとは

人から財産を譲り受けた場合には、相続税がかかる場合もあれば贈与税がかかる場合もあります。
財産を譲り受ける点では同じであるのに、なぜかかる税金が違うのかと疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。
その理由は、これらの税と税の間にはいくつかの違いがあるからです。
1つは、財産を譲り受ける時期の違いです。
相続税は財産の持ち主が亡くなった後に残った物を譲り受ける際にかかる一方、贈与税は財産の持ち主の命があるうちに譲り受ける際にかかります。
また、それぞれの税に設けられている基礎控除の金額、つまり非課税になる金額の枠の大きさも、財産を相続するのか贈与されるのかによって異なってくるのです。
まず、財産を相続した場合には、法定相続人の人数分の600万円が3000万円に加算された額が基礎控除額となります。
法定相続人が2人であれば、4200万円まで、法定相続人が3人であれば4800万円までの財産に対する税は非課税となるのです。
それに対して、財産を贈与される場合は、基礎控除は1年ごとに110万円となっています。
相続と違って贈与は何度も行われる可能性があるものなので、1年ごとに期間を区切って基礎控除が設定されているのです。
1年ごとに110万円ですから、同じ120万円を最終的に渡す場合でも、1年めは100万円で2年めに残りの20万円を渡すというように分割して渡せば税はかかりませんが、1年に120万円全て渡した場合には基礎控除額を超えた部分に税金がかかることになります。
節税を考えるのであれば、1度に贈与する金額はよくよく考える必要があります。